バイアグラ値段ナビ|バイアグラは通販の方が安い!

バイアグラ医療保険不適用の波紋

保険適用外

バイアグラが医療保険の適用外となったことによって、それを服用したい人は、場合によっては数万円の費用を病院から請求されるケースが出てくることになりました。

 

というのは、医師がバイアグラを処方するためには、必要な検査を行わなければならず、このほかに処方量や調剤料も必要であり、それらがすべて自己負担となってしまうからです。

 

したがって、患者の負担が非常に大きくなり、簡単には治療を受けられないという事態となっています。

 

これに対して、批判の声が上がっています、日本経済新聞社・編集員のひとは「保険非適用は、患者が薬を入手するのを困難にするおそれがあり、今後の新しい医療の流れに逆らうものだ」と書いています。

 

これまでにバイアグラは、33か国で発売されていて、医療保険適用に関しては国によって様々な対応です。

 

スェーデンでは医療保険の適用を認めていますが、ドイツやデンマーク、オーストラリアでは適用は認められていません。アメリカでは公的医療保険であるメディケイドを持つ48州のうち35州が適用を認めています。ただし、週によっては取り扱いが様々です。

 

ネバダ州では何も制限を付けていませんが、1か月に4から10錠までと、支給制限を設定している州もあります。

 

イギリスではバイアグラの保険適用の範囲を、前立腺癌、脊髄損傷、糖尿病を基礎疾患とする勃起不全に限定しています。しかし、イギリスの医師会は、健康保険を運営している国民保健サービスに対して、保険の適用に制限を設けるのはおかしいと申し入れているといいます。