バイアグラ値段ナビ|バイアグラは通販の方が安い!

日本でのバイアグラの医療保険非適応について

この制限があると、これ以外が原因で勃起不全に陥っている人が治療を受けるのが困難になってしまうからです。こうした状況を踏まえて、日本での対応も批判されています。

 

「日本には約600万人の性的不全の男性がいるとされている。この中にはきつい治療を受けている人もいる。性的不全を病気と位置づけ、一定の要件を満たしているなら、医療保険の支給あるいは還付の対象とすることを考えても良いのではないか。これは病で困っている人に手を差し伸べるという医療保険の基本精神を生かすことにもなる。今後の医療の重点は、病気の治療=苦痛の軽減から、症状の改善により快適な生活を送るという生活の質の向上に重点が移るとみられている。そうした医療の主役となる生活改善薬には大きな期待がかけられている。こうした薬を本当に必要としている人が入手しやすくなるように、新たなルールや仕組みを作ることが求められている。」

 

まだ日本でもあるいはヨーロッパの国々でも勃起不全と言う症状位に対して、先入観や偏見があるようです。重要なのは勃起不全を病気としてみるかどうかです。

 

もし、病気だと判断されれば、保険が適用されるべきです。性行為というのは、人間が食品を食べたり、あるいは歩いたりということと同じ当然の行為なのですから、それが不可能である状態というのは、それが精神的な理由にしろ、器質的な理由にしろ、病的な状態とみなすことができます。

 

ほかの病気でも、直接命にかかわらない場合でも、治療が保険の適用になっているものは数多くあります。したがって、本来であれば勃起不全は通常の病気とみなされ、当然保険適用されるべきものです。

 

それができないのは、厚生省がバイアグラを催淫薬のように扱われ、乱用されることを心配しているからでしょう。

 

もし、そうしたことが実際に起これば、医療現場が混乱することになりますし、本来の治療行為に支障をきたすことにもなりかねず、さらに、国の医療費負担が増えて、医療財政をさらに圧迫することになります。

 

こうした点を考えると、保険の適用は見送らざるを得なかったのでしょう。