バイアグラ値段ナビ|バイアグラは通販の方が安い!

バイアグラとアルコール

バイアグラとアルコール

少量のアルコールだったら、特に問題はありません。しかし、アルコールを摂取することで副作用の発生を助長してしまう恐れがありますので注意が必要です。

 

過度の接種によっては脳の性欲中枢を麻痺させてしまうことも考えられます。これは服用前であっても服用後でも同じことです。

 

車の運転を気にする方もおられるかもともいます。バイアグラの副作用としては青色の識別が不能になる視覚障害が約3パーセント服用者に出ることがわかっています。

 

車の運転や、機械の操作など、色覚障害を伴ってはいけない仕事には注意が必要です。安全を期するためにも、少なくとも服用後しばらくは車の運転はしない方が賢明でしょう。

 

そのほかスポーツ選手のドーピングなどに引っかかるかという疑問を持つ方もおられると思います。バイアグラはペニスを勃起させるという局部的な効果を発揮するものですから、体のほかの期間に影響を及ぼすことはありません。ドーピングの対象となるホルモン剤でもありませんので、これはまったく問題ありません。